また今度な

やる気だそうったってそうはいかない

ヴィンテージ食わず嫌い

料理にピーマンを使うとなんだか嬉しい。

私、昔からピーマン嫌いだったからどうしてもという時以外は極力避けていた。
当時の言い分はこう。
「だって苦いもん。自然界では苦味は毒なんだよ!!!」
これに続いて、その成分がアルカロイドというものであること、アルカロイドが麻薬等に使われるものであることを主張してきた。
結局のところ苦くて嫌だった。
今後ピーマンなんぞとは積極的に関わるつもりはない。
緑の野菜はあいつだけではないのだ。
そう思って生きてきた。

そんな私に転機が訪れたのは1年半ほど前の事。
仕事が忙しい&当時の客先がやたらと遠くて、高速道路を使って片道2時間という時期があり、心も体もしんどくなっていた。
肩こり酷いなーとか、夜眠れないなーとか、何を食べたいかわからないなーとか、毎日もやもや。
たまった疲労を解放する方法も知らず、完全に頭がおかしかった気がする。
「今、一瞬にして体の不具合がすべて消え去ったら私、空飛べちゃう気がするんです。」と上司にあてた週報に書いたりもした。
(上司からは「飛んでもいいけど仕事は終わらせろ」という冷たいお返事だった)

夜中に帰宅し、プロテインをシェーカーで振りながらベッドの上で飛び跳ねていた。
またとある日は、深夜まで営業しているスーパーで高いステーキを買い、夜の22時から焼いて食ったりもした。
真夏の夜にキムチ鍋をこしらえたりもした。

システムの稼働直前はいつもなんとなくハイになるが、なんか今までとは違う。
年かなー、アラサーになるとこんなことになるのかーぐらいに思っていた。
ところが、ある朝の出勤準備中、まばゆく輝く白髪を発見。
確認したところ左右一本ずつ・・・・。
上記の頭がおかしかった日以外は栄養もろくに取れず、
コンビニの食料とプロテインと豆乳だけで生活していたせいなのか。
このまま銀髪になって魔力が目覚めて異世界転生、出生の秘密を知る、と一瞬考えたがアラサーにはきつい妄想だった。
そして転生できるものならもっと早くしたかった。
とりあえず生えたものは仕方がないし話のネタにはなるだろうと思って出勤することに。
お客さんや先輩後輩に笑い話として話してみたが全員から真剣に心配されて終了。
挙句、都会に長期出張中のユニークだけどクールで厳しい先輩から
「時にはずる休みをするというのも社会人として大切です。」と、裏社会人論を説くメールをいただくことになった。

その日の仕事終わり、高速道路を運転中に突然チンジャオロースが食べたいというどこからきたのかわからない欲求にかられた。
自分でも信じられなかった、だってあれはピーマンの巣窟。
大好きな肉も入っているがそうじゃない。肉は肉でほしい。
だってピーマンの強さって半端じゃない。
匂いのパワーが強すぎる。
ピーマンの肉詰めなどは典型的な匂いによる被害の産物である。
何を余計なことしとるんや肉が台無しじゃボケと毎回思っていた。
そんな私がチンジャオロース?あのピーマン炒め(肉入り)レベルのチンジャオロース?
栄養がなさすぎておかしくなってんのか。


でもどうしても食べたい。
帰宅途中の餃子の王将に入り散々迷った。
本当に注文して大丈夫なのだろうか。
もし、ピーマンあの日のままだったらどうしよう。
彼らが改心している可能性などほとんどないのだ。


しかし、ここでとある説を思い出した。

「子供の時に食べられなかったのに大人になったら好きになる食べ物がある」

嘘だとずっと思っていたが、まさかこれが今日なのか?
今日がその転機なのか?
そういえば、舌には味蕾という味を感じる部分があり、それが大人になると子供の頃の3分の1になってしまうときいたことがある。
つまりピーマンの攻撃力を3分の1にできると。
だったら私にもできるはずだ、なぜなら私は突然感じ始めた老いに悩むアラサーだから。
朝引っこ抜いた白髪はその証だったのかもしれない。

―――――――お前はもう十分に老い

―――――食うがよい


白髪は異世界転生の兆しでもなんでもなく、これだったのか。
見せてやる・・・・っ!老いの強さを!

 

勇気を出して注文したチンジャオロースはそれはもううまかった。
苦くない、匂いも気になるどころかむしろいい。
歯ごたえもいい。
こんなものを私は避けていたなんて。


そんなこんなで私はピーマンを克服した。
ちなみに白髪は結婚&退職が近づくにつれてなくなった。
(ついでに、仕事辞めたら肌も髪も良くなった。2万のSK-Ⅱでギリギリだったのが現在650円のハトムギ化粧水でもっと健康お肌です。仕事って本当ヤバイなと思いました。)

だから今ピーマンをザクザク刻んで料理に入れたり、それを食べたりしている時には
28年分の不足を補っている気がしてとても嬉しい。
28年か・・・・でかいよね。
築年数だとしたらかなり家賃下がるよね。
勤続年数だとしたらかなりベテランだよね。
ワインだとしたら間違いなくヴィンテージよね。

私、28にもなって何してるんだろう。